「魚新」は、110年以上前に赤坂で鮮魚店として始まり、赤坂花柳界の料亭への仕出屋を経て、現在の日本料理屋・天ぷら屋となりました。



魚新の歴史
魚新の歴史

明治23年赤坂で鮮魚店「魚新」創業。
昭和10年店頭での鮮魚販売に加え、赤坂花柳界料亭への仕出しを始める。
また年始のおせち料理の販売を始める。
昭和45年仕出し・出張料理業に変革。
昭和55年六本木ロアビル横に「天ぷら魚新」オープン。
赤坂の鮮魚店を改装し、喰い切り料理「赤坂とゝや魚新」オープン。
平成5年「二丁目魚新」オープン。(平成13年閉店)
平成14年 「魚新 丸ビル店」オープン。(平成21年1月閉店)
平成16年六本木「天ぷら魚新」がコレド日本橋に移転。
平成19年西麻布「天ぷら魚新」オープン。


魚新のミッション:魚新は、食を通じて日本の文化を守り、食を通じて人々の健康を守り、仕事を通じて従業員の生きがいを守ることをミッションとしています。